小学校受験はエスポワール

 

緊張をなくす方法

10月になると私宛にたくさんのメールが届きます。入試も近くなるのでとてもヘビーな内容が多いです。その方々にお返事を書くのですが、込み入った相談では1通に数時間かかります。その為、メルマガの発行が大幅に遅れがちで皆様にご迷惑をお掛けしております。何しろ、朝から晩までお返事を書いていますので、メルマガに当てる時間が思うように取れません。

今年度のエスポワールは来週の火曜日で終わります。11月からは新年度となりますので、メルマガも通常通りの発行に戻ります。

それにしても、毎年のことですが1年はあっと言う間でした。1年前の入室選抜試験が昨日のことのようです。試験の最初に自己紹介があるのですが、多くの子供たちは一言、二言しか喋ることができませんでした。ところが、年長さんになった今では遮るまで喋り続けます。顔も一段とお兄さん、お姉さんになりました。分別もつくようになりました。我々は1年間で全く成長していないのですが、子供の成長は著しいものがあります。

幼稚園からの内部進学者を含めて、エスポワールにも合格便りが届くようになりました。首都圏では神奈川県の私立小学校の入試が始まり、東京は11月1日がピークとなります。

受験生の親にとってのこの時期は、不安を通り越して何も考えられないか、または緊張して落ち着かなくなるのかどちらかです。何も考えられないのなら問題はないのですが、夫婦揃って緊張するのはよくないことです。

親は未知の受験に対して緊張しますが、子供は受験自体を十分に理解していないので、普段と違う親の姿を見てとても不安になります。更に入試当日は着慣れない服を着て、履き慣れない靴を履かされ、緊張してよそよそしい別人のような両親と一緒に知らない場所へ連れて行かされます。そこで、こわばった顔の両親から「良い子にして頑張ってくるのよ」と言われて送り出されます。子供にとっては不安の極地でしょう。

親子面接でも同じです。カチンコチンに緊張した両親と一緒に待合室で待機します。どんなに冷静を装っていても子供には異常だと察知されてしまいます。子供は不安に陥って面接官の質問に一言も発しないこともあります。

親が緊張すると子供は実力を発揮できないどころか、押しつぶされてしまいます。今までの苦労が親の態度如何で水の泡になりかねません。それでは両親が緊張しない方法でもあるのか、あったら教えて欲しいと質問されそうですが、私には緊張しない方法は分かりません。

緊張をなくす方法は知りませんが、たった一つだけアイデアがあります。それは、ご両親がお子様に微笑むことです。何か変だぞと警戒されるかもしれませんが、人間は本能で相手からニコニコされるとつられてニコニコしてしまうものです。また、ニコニコすると心も穏やかになるという心理的な作用も働きます。親も子も互いに穏やかになるのです。

今日からニコニコ、明日もニコニコ、面接日もニコニコ、入試当日もニコニコです。笑う門には福来たるです。

(メルマガ担当:トモヤ)



ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる


Copyright(C) 2010 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.