小学校受験はエスポワール

 

神社へ行ってきました

私を含めて、家族が次々と風邪でダウンをしたので更新が遅れてしまいました。発熱はそれぞれが1日か2日程度なので、今流行りのインフルエンザではなさそうです。皆様にご心配をお掛けして申し訳ございません。

絶不調でしたが、毎年恒例のことなので、日曜日に友人が宮司を務めている神社へ出掛けました。エスポワールの卒業記念に配る缶バッヂ(選ばれた子供たちが描いた担任の似顔絵入り)を持参しての正式参拝です。

毎年、受験をされた方から、このバッヂを握りしめてから家を出たら合格したとか、子供の胸ポケットの内側に留めておいたら、(缶バッヂの先生と一緒なので)緊張しなかったとか、母親面接でポケットに忍ばせたら何でもスラスラ言えたお母様など、数多くの感謝のお言葉を頂いております。

宮司さんは私の25年来の友人でもあり、出来るだけ丁寧に祈祷をしたので、その神様の御利益だと思いますか?

違いますよね。緊張しなかったのはバッヂを身に付ければ、いつもの授業の通りに出来るという自己暗示によるものでしょう。合格も御利益ではありません。

何故なら、(教室の先生には説明するのが面倒なので合格祈願と言っていますが)、実際には、私は宮司さんに「合格祈願」をお願いしていないのです。

実は、私がお願いしていることは・・・

「大禍なく年長さんまで育ったことへの感謝」と
「子供たちが最も幸せになれる道へ導いてください」です。

これから数週間以内に、全校とも合格するお子さんが出てくるでしょう。また、希望が叶わないお子さんもいるはずです。合格できることは、とても幸せなことです。しかし、合格できないことは、それが即ち、不幸であるわけではありません。恵比寿教室のビルオーナーさんに掲載の許可をもらっていますので、メルマガやブログに度々書いていますが、お二人のお子さんは共に小学校受験ではご縁がありませんでした。しかし、お姉さんは、公立小−雙葉中高−東大医学部で、弟さんも、公立小−武蔵中高−東大法学部です。仮に、お子さん方が意中の私立小学校に合格していたら、きっと別の人生を歩んでいたことでしょう。人生は何が幸いするのか分かりませんよね。

小学校受験で合格したら大喜びしてください。

しかし、小学校受験でご縁がなくても、神様に最も幸せな道へ導いてくれるようにお願いをしてあるので、最高の道へと繋がっているはずです。そして、何十年か経った後で、そのバッヂを私に見せながら、「このバッヂのお陰で、今は○○をしています」と胸を張って言ってくれたら、これ以上の嬉しいことはないです。



※神社では、このブログをご覧の皆様と、エスポワールに関わる全てのお子さんが幸せな人生を歩みますようにと御祈祷させて頂きました。心から幸せになって欲しいと願っています。

(エスポッポ倶楽部:上田トモヤ)


ブログタイトル一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.