小学校受験はエスポワール

 

息子へ贈る言葉

9月1日になりました。夏も終わり、今日から秋です。私は過去にメルマガやブログで何度も、「1年はあっと言う間です」と書いてきましたが、今年の受験も目前になりました。

さて、皆さんは満足のいく10ヶ月間だったでしょうか。今頃は、既に学習を終えた全ての問題集を何度も復習しているかと思います。我が家でも、エスポッポ倶楽部で、皆さんと一緒に学習をした28冊の問題集を想い出話に花を咲かせながら、パラパラとめくって、何度も復習しています。思い起こせば、「ひとりでとっくん365日」の初期の頃は、基礎の基礎の簡単な問題でさえ解けないこともありました。それも、今では懐かしい想い出となっています。

この10ヶ月間は、家庭学習を通じて、息子と濃厚で有意義な時間を共有することが出来ました。無垢で可愛い盛りの子供と一緒に笑ったり、残念がったりと、苦楽を共にしながら関われたこの期間は、父親としての私の宝物です。このような機会がなければ、子供のご機嫌を取るために、オモチャを買い与えたり、喜びそうなところへ連れて行ってあげるだけの父親になっていたと思います。子供と一緒に勉強をするのは楽しいですよね。勉強のどさくさに紛れて、私の人生哲学のいくつかを息子に伝えることが出来たので、それにも満足をしています。その息子へ贈る言葉は・・・

「勉強に付き合ってくれて、ありがとう!」 です。

心から感謝をしています。

これからの2ヶ月間は、このまま復習も続けますが、この受験勉強だけではなく、小学校の勉強を含めた、もっと深く、もっと先までを教えるつもりです。人は先へ進むと過去が幼稚に見えますよね。「小学校受験問題はガキの問題だなぁ〜」と感じるようになれば良いかなと思っています。誰よりも先へ進めば、大所高所から物事を捉えることが出来るので、受験時に、縮こまった考えや態度を取ることはないでしょう。一回り大きな人間にさせたいのです。

(エスポッポ倶楽部:上田トモヤ)


ブログタイトル一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.