小学校受験はエスポワール

 

夏休みのサマーキャンプはお勧めだよ

お陰様で、6月9日のブログに書いた、息子の滲出(しんしゅつ)性中耳炎は完治しました。早期発見と原因となっていた副鼻腔炎の治療に専念したことが良かったようです。今後は、コメントを頂いた方のアドバイス通りに、鼻水が出たり、少しでも様子がおかしければ、すぐにでも耳鼻科へ駆け込むつもりです。

さて、我が家では、滲出性中耳炎に罹っていたので、夏休みの予定は白紙のままです。頭の中では、YMCAが主催している幼児のサマーキャンプに行かせようかなと考えていました。「ママァ〜〜」という甘ったれたところがあるので、親のいないところへ送り込もうと思っていたのです。負けず嫌いを絵に描いたような、恐ろしくタフな3歳の娘と違って、息子の甘ったれた根性は私の心配の種でもあります。人見知りとか、優柔不断なところはないのですが、母親がゴミをマンションの集積所へ出しに行くたびに、ノコノコとついて行くのです。妹に、「3歳はお姉さんだから、独りでちゃんとお留守番も出来るもん。弱虫お兄ちゃんはママと行ってらっしゃい」と言われてしまうのです。ホントに情けないよね。

エスポワールでは、サマーキャンプを行っていませんが、毎年、夏休みが明けると、子供をどこかのキャンプに参加させたお母様方から、「子供がサマーキャンプで一皮むけた」とか、「キャンプから帰ってきてからは、精神的に成長した」「前に比べると積極的になった」という多くの声を聞いています。参加した子供たちに聞いても、「すっごく楽しかった」と言います。集団行動に慣れていない幼児同士の世界なので、人間関係のトラブルを経験することもあるでしょう。稀に、「嫌なことがいっぱいあった」と言うお子さんもいます。いろいろと経験をして帰ってくるのです。サマーキャンプは、親と離れて生活をすることによって、親への依存心が少なくなり、その結果、我が子がたくましく見えるようになるのでしょうね。

この夏の予定は・・・

※ サマーキャンプに参加 (中耳炎が完治したので、これから探します)
※ 私の実家と妻の実家に子供たちだけのお泊まり (その間は妻とデートです)
※ GWに行く予定だった父子での大山登山 (豚フル騒ぎで延期になったものです)
※ 炊事・洗濯・掃除などの家事全般 (お手伝いではなく、主体的に行ってもらいます)
※ 時間が許せば、本栖湖あたりで父子でのバンガローキャンプ (根性を鍛えちゃいます)

遠出の旅行には行きません。年長だから行かないのではなく、長期戦を覚悟した中耳炎だったこともあり、予定を入れなかっただけです。また、夏休みの勉強は、まだ暑くない早朝に1時間と、私の帰宅後に1時間の勉強をする予定です。日頃の勉強の貯金もあるので、1日に2時間で十分でしょう。

(エスポッポ倶楽部:上田トモヤ)


ブログタイトル一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.