小学校受験はエスポワール

 

子供を愛しているのなら、撤退も視野に入れよう

お子さんの成績について悩んでいる人はいるかな?

親がどんなに教えても、なかなか理解をしてくれない。幼児教室に何年通っても、成績はパッとしない。個人の先生に教えてもらっても、低空飛行を続けている・・・。

毎年、お一人くらいの方から、私宛に次のようなメールが届きます。「上田先生、金額は先生で決めてくださって結構ですので、子供に勉強を教えてください」という内容です。お金には糸目を付けないので、教えてちょーだいとのことです。勿論、お断りをしています。

私は、生まれてから、5年しか生きていない幼児に勉強を教えるのは、親しかいないと思っています。考えてもみてください、5歳ですよ、たったの5歳。片手の年齢しか生きていない幼児です。実の親がいるのだから、他人の私が出る幕ではありませんよね。

とは言っても、私にSOSを出す人は、本当に悩んでいます。小学校受験の勉強は、小学校1年生に「足し算」や「ひらがな」や「漢字」を教えるよりも、比べものにならないくらいに難しいので、楽しく教える自信がないのでしょう。決して、横着をするわけではなく、幼児教室や個人の先生にお願いしている親もいるのです。

親は教えられない・・・幼児教室でも伸び悩む・・・個人の先生でも低空飛行・・・このような場合は、どうすればよいのでしょう。

私なら、受験を断念します。

高校受験や大学受験などは、人生の前に立ちはだかって、これを避けることは出来ませんが、小学校受験は容易に避けることは出来ます。私立小学校や国立小学校は、何が何でも行かなければならないところではありません。断念したからといって、敗者になる訳ではないのです。小学校受験の敗者が中学受験でリベンジするのではなく、中学受験があって、その前に小学校受験というショートカットのチャンスがあるだけです。中学がダメなら高校受験もあります。そもそも、小学校受験を志した当初は、そのような考えからでしたよね。子供の学歴だけを考えたら、チャンスはいくらでもあります。どのようなルートを辿ろうとも、最終学歴は最終学歴です。焦らなくても大丈夫です。早熟のお子さんは、早々にレールに乗り、大器晩成型のお子さんは、自分のペースで道を切り開けば、それで良いのです。

近所の公立小に通いながら、中学受験をすることは恥じることではありません。優しくて、大人しい子なら、むち打って有名大学附属小や私立の進学校を目指すのではなく、おっとりしたお子さんが多い私立小学校でも良いでしょう。

親のエゴだけで子供の受験を決めるのではなく、子供の性格や今の状態を十分に見極めた上で、正しい進路を考えてください。子供を愛するがゆえの、勇気ある撤退もあるのです。5歳の子供をメチャクチャに壊してからでは遅すぎます。

(エスポッポ倶楽部:上田トモヤ)


ブログタイトル一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.