小学校受験はエスポワール

 

今秋の小学校受験は、一体どうなると思いますか?

景気が悪くなってきましたよね。街の中を歩いてみても、飲食店、雑貨店、衣料品店だったところにテナント募集の看板が目立つようになりました。行きつけのレストランも、今年になってから、随分とお客さんが少なくなったなぁと感じています。

さて、このまま景気が後退すると、今秋の受験には、どのような影響が出ると思いますか?

これから先に、一つ二つの大きな景気の谷が来てしまうと話は別になりますが、現状のペースのままで景気が後退したと仮定して、思ったことを書かせて頂きます。

モンスターペアレントや学級崩壊に関する報道が大々的に流されない限り、この秋は間違いなく私立小の受験者数は減少に転じます。私が初めてこの世界に足を踏み入れた20数年前から、殆ど右肩上がりに受験者数は増え続けてきました。増えた原因は、一人っ子が多くなったことと、私立小学校の学費の伸びに比べて、世間の所得が大幅に増えたからです。学費を1ヶ月に換算すると5万円から10万円ですが、20年前ならこの額が大金でも、今では高い額だとは思えませんよね。

20年以上前の昭和時代では、私立小学校を受験する人は医者、会社経営者、銀行や商社などの所得が高い方が受験するところと相場が決まっていました。競争率も、今日のような異常な高さではありません。入りやすかったという意味ではないのです。競争率は高くなくても、入る資格のある人は、そこそこの準備でも合格出来て、お呼びでない方は、どんなに頑張っても合格することはなかった・・・。それが本来の(のんびりとした昭和時代の)小学校受験の姿でした。

昭和時代の受験者の居住地は、当時のマーケティングリサーチの結果になりますが、港区と渋谷区の境にある「広尾駅」から半径4Kmが最もホットなエリアでした。幼児教室への通塾者と合格者は、このエリアにお住まいの方が際立って多かったのです。その次は半径8km以内です。このエリア内にお住まいでないと、合格が出来ない訳ではありません。遠くは、神奈川県の大磯や逗子からも合格者は出ています。ところが、平成に入ると、全体的なお受験エリアは東京の東部や北部方面へ向かって驚くくらいに拡大しました。

リーマンショックから半年が経った現在はどうなったと思いますか?

平成に入ってから、急速に拡大したエリアにお住まいの方からの問い合わせが、1年前の同じ時期に比べると目立って減りました。湾岸に出来た高層マンションにお住まいの方を除けば、今年に入ってから、その拡がったエリアの方は急激に減ったと思います。近郊だけではなく、都心部でも、異変の兆候は少しずつですが現れました。お受験マーケットは、近郊エリアから一気にしぼみ始めたようです。

さて、今秋の受験は、一体どうなると思いますか?

現在、巷にある幼児教室へ通われている年長さんは、リーマンショック以前からの方が大半です。経済的な理由で小学校受験を断念された方も、中途退会者の中にいらっしゃるとは思いますが、今現在はそれほど多くはないと思います。断念するかどうかの検討をされてはいても、ここまで頑張ったので、決断できずに通われている方もいらっしゃることでしょう。今秋の受験者数はカックンと落ちることはあっても、ドカンと落ちることは(今のところは)ないかなと思います。但し、受験先は絞られれてくるでしょう。4校も5校も受験する人は確実に減ります。全滅しても2次募集や3次募集を血眼になって探すこともないでしょう。本命がダメなら、滑り止めに合格しても、そこを蹴って公立へ行く人も出ると思います。本命に合格したのなら、どんなにご主人の将来が心配でも、何とか費用を賄おうとしますが、それ程魅力を感じない学校なら無理をしないということです。元々、競争率が高い私立小学校は、今のところ影響は出ないと思いますが、逆に競争率が低い学校は、併願が少なくなるので定員割れが心配です。本来なら入れたくないお子さんであっても、合格させないと学校経営が厳しくなるので、合格させてしまうでしょうね。しかし、その後の学級運営が大変になるかなと、私は心配をしています。

さてさて、今秋ではなく、未来の小学校受験は一体どうなると思いますか?

今年に入ってから、各お受験サイトの閲覧者数は急速に減りました。ネットのキーワード検索でも「小学校受験」は急降下中です。これに伴い、幼児教室業界全体でも、年明けからの入室者数は前年比減になったところが多いと思います。ネット上にあるお受験関係の掲示板も穏やかになりました。このような状況下なので、来年秋の志願者数はドカンと落ちるでしょう。今後は、今の世の中のように、ご近所の誰もが受験が出来る「小学校受験」ではなく、20年以上前の昭和時代のように、余裕がある人だけが受験が出来る「小学校受験」へと向かっていくのかなと思っています。時代が急変したように見えますが、実はこの小学校受験の世界は、ほんの20年前の姿に戻ろうとしているだけかもしれません。

(エスポッポ倶楽部:上田トモヤ)


ブログタイトル一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.